ネット回線プロバイダーの開通工事って?【よくあるQ&A】

プロバイダーの開通工事というのは、具体的に何をするのでしょうか?

開通工事というのは、ネット回線契約した回線でインターネットがおこなえるようにする工事のことをいいます。

 

例えば、OCNのフレッツ光戸建てタイプに申し込んだとします。 そして、ネット回線工事当日。 工事を担当している方が来て、自宅の近くにある電柱から電話を引くように、光回線用の線を引いたりします。

 

また、設定サービスがついていれば、パソコンの設定をいじり、インターネットに接続できる環境にしてくれます。

ネット回線業者を変更すると、また工事をしないといけないのですか?今はBBIQの光回線を使用しています。 NTTの固定電話を利用する予定なので、フレッツ光に変えようかと思っています。光から光へ乗り換える場合なのに、ネット回線接続工事は必要になるのでしょうか?ちなみに、賃貸戸建てに住んでいます。

ネット回線の接続工事は必要になります。 同じ光回線だからといって、工事がいらない訳ではありません。 同じ光回線でも、業者変更の際には別途工事が必要になります。

 

例えば、いま利用しているモデムは現在利用しているNTTの物なので、工事をする際には交換しなければなりません。

 

また、固定電話が欲しいのならばひかり電話をオススメします。 ひかり電話を設置できれば、通常の固定電話よりも安く通話する事ができます。 そのため、光ネット回線導入と同時に固定電話を導入するのではなく、ひかり電話に変える方がオススメ!

月額料金が1番安いプロバイダーを教えてください。 ちなみに住まいは千葉県です。

上の条件で安いプロバイダーといったら、BB.exiteやASAHIネットではないでしょうか。BB.exiteはプロバイダーで1番月額料金が安いのが特徴です。

 

また、ASAHIネットは、BB.exiteの次にプロバイダー料金が安いのでオススメ!この2社はどちらとも料金が安いです。

 

【双方プロバイダーの特徴】

BB.exite

BB.exiteは、手続きがインターネット上で全ておこなえるので、最短で5分とかかりません。 なので、忙しい時でも簡単にBB.exiteに加入する事ができますよ。

 

ASAHIネット

ASAHIネットは、2003年からの調査で9年間満足度1の実績を誇っています。 そのため、加入しなければ分からないASAHIネットの良さを体感できます。 2社とも人気が高いプロバイダーです。

 

そもそもインターネット通信費は、プロバイダー料金よりもNTTに支払うネット回線料金が高いんですよね。 ですから、プロバイダー自体には料金にそれほど差はないと考えたほうがいいかもしれません。

プロバイダー料金の一覧表はこちら

 

公式サイトのWEB申し込みはこちらから

プロバイダー人気比較ランキング(当サイト調べ)

ネット回線工事って?プロバイダー開通工事を解説【工事費用・時間は?】関連ページ

お得なキャンペーン情報は?
ネット回線契約がお得になる格安キャンペーンを大特集!WEB申し込み限定で無料期間が延長になったり、初期工事費が無料になるキャンペーンが実施されています。これらを上手に活用するコツをご紹介!
住宅タイプ別フレッツ光プラン
【申し込み前に要確認】住宅タイプ別で変わるフレッツ光のプランについて細かく検証しているページです。ネット回線を共用する人が多いマンションタイプが、ホームタイプより安いというのが原則です。
気になる通信速度は?
ネット回線プロバイダーの通信速度が気になる方は多いですよね。特に光に変えたときは出来るだけ速いところがいいと思うはず。こちらでは、通信速度が遅くなる原因をQ&A形式で分かりやすくまとめてみました。
ネット回線乗り換え方法は?
【引越し検討中の方必見】年数縛りを設定しているプロバイダーも増えてきましたが、それでもネット回線業者を乗り換えることでお得になるのが事実。今のネット環境に不満がある方は乗り換えのチャンスです!
ネット回線の設定方法は?
初めてネット回線接続を行う時はもちろん、プロバイダーを乗り換えた時に行うインターネットの設定、LAN・無線LANなどの初期設定などに役立つ疑問をQ&A形式で分かりやすくご紹介しています。